B型肝炎ワクチンの定期接種について

平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンが定期接種となりました。


予防接種法の施行令の一部改正により、平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンが定期接種となりました。対象者は和歌山市では無料で接種することが出来ます。

対象者 :
 0歳(生後1歳に至るまでの者)
接種方法:
 上記の年齢のうちに、初回接種及び27日(4週間)以上の間隔をおいて2回目、
 初回接種から139日(20週間、およそ5か月近く)以上の間隔をおいて3回目

すでに任意接種でB型肝炎ワクチンを1回ないし2回接種している人は、上記の対象年齢の間に上記の間隔をおいて残りの回数を定期接種として受ける事が出来ます。ただし、対象者は平成28年4月以降に出生したお子さんに限られます。 今後、標準では生後2か月以降から接種を始めることになります。2か月から始めると、多くの場合6~7か月頃に3回目を終了することになります。他の定期接種のワクチンと同時接種することも可能です。
和歌山市でこの対象となる方は、生後2か月になる時に和歌山市から案内が届く予定ですが、予診票は当面、個別にではなく医療機関の方に配布されることになっています。案内の到着を待たずに、生後2か月で接種の予約をしていただいてもかまいません。
誕生日を過ぎると(1歳になると)任意接種(自費)となりますが、以後いつでも(成人も含め)接種することは可能です。



トップページへ

inserted by FC2 system